FXでここぞというタイミングの掴みかた!

投資の世界では、先を読んで行ける方法がないと勝利へのチャンスは掴めません。今までのトレードで培ってきた勘を働かせて予測するのも1つの方法です。

でも勘が冴えてくる時ってそんなに多くはないのです。さらに勘どおりにそんなに旨くはいかないのがFXです。そこでもっと高い確率で予測できる方法はないかと考えていくとテクニカル分析があったのでした。

為替レートの動きを今迄の数値から割り出していってパターン化して予測していくのがテクニカル分析。FXとはレートの動きを見ていて、ここぞというタイミングをどう掴んでいくかです。

テクニカル分析をしていて、旨くはまるパターンが見つかった時が、ここぞというタイミングとなってくると思いませんか?

例えば、為替レートの動きを耐えず追いかけて行かないといけません。でも為替レートの動きって、僅かに上下するだけの横ばいの動きが殆どですよね。

ですからデイトレードで毎日売買をして利益を出して行くって難しいですよね。FXには資金を数十倍に増やせるシステムのレバレッジがあるので、動きは僅かでも利益を確保できるトレードは可能です。

でも失敗すると証拠金がすべて無くなるだけでは済まなくなってしまうのです。これでは、ギャンブルをするのと同じで、勝つか負けるかなんてやってられませんよね。

ですからデイトレードよりは、もっと長いスパンのトレードを考えていくべきなのです。FXにはテクニカル分析がありますが、長いスパンのチャートで見ていくと仮に今1ドル100円が120円に、あるいは逆に90円に変化する期間が見えてくるので、そこを狙ってトレードを組んだ方が良いのです。